一日一絵

ききょう
ききょう

半年くらい前に近所の図書館で『一日一絵』という本を見つけました。

風景画家の人が入院中に一日一絵と決めて描きためたものです。

『一日一絵』には条件があって、その日に出会ったもの、一時間くらいで描けるもの、なるべく新しいもの、といった感じです。

 

絵の書き込みが日に日に細かくなっていくのを見て、感動し、自分も花のスケッチを毎日取り組んでみましたが、…飽きてしまいました。

 

抜ける日もあるかもしれませんが、再びはじめようと、ブログの更新とともに載せていきます。

 

話は変わりますが、この間、読書会をしてきました!

夏目漱石の『夢十夜』です。いろんな人に声をかけていますが、アパートで共同生活していた絆は強く、アパートの元住人でばかりになってました(笑)

人によって内容も頻度も記憶の仕方も違うので、夢の話、ふくらみました。

 

次回は宮沢賢治の『なめとこ山の熊』、『銀河鉄道の夜』、『よだかの星』です。

 

みんなで同じものを同時に読むというのは一人で読むより、話し合えて楽しいです。

とりあえず、一年以上は続けてみないと。

 

 

What's New

QRコード
QRコード

携帯からも見れるQRコードです☆